キャバクラ派遣 確定申告

キャバクラ派遣の収入は確定申告するの?

キャバクラ派遣で得た収入は確定申告をしなければいけないのでしょうか?
もし、確定申告をしなければいけなかったら、会社にバレてしまったり親にバレてしまうから
キャバクラ派遣で稼ぐことは考えなければいけないという人も多いでしょう。

 

結論から先に言ってしまうと確定申告をしなくても大丈夫です。
実際にキャバクラ派遣で確定申告をしている子は皆無と言ってもいいでしょう。

 

ただ本当はしなくてはいけないものです。
これは派遣に限ったことではなく在籍だったとしても同じです。

 

一部の大手キャバクラではきちんと雇用契約で処理をしているのですが、
その他のキャバクラはほとんど業務委託契約で賃金を支払っています。

 

通常雇用契約であれば源泉徴収や健康保険などが天引きされているので必要がある場合のみ
確定申告をするというスタイルでいいのです。

 

ですので業務委託契約の場合は年間の所得が38万円を超えたら確定申告をしなければいけません。
しかし、キャバクラの場合はそもそもそのお店がきちんと税務処理をしていないケースがとても多いです。

 

仮にしていたとしても税務署がキャバクラ嬢のところまでお金の流れを辿ることはほとんどありません。
ただ絶対に大丈夫ということではなく交通事故に遭遇するぐらいの可能性はあります。

 

例えばそのキャバクラに税務調査が入ったりした場合ですね。
なので本当は確定申告をしなければいけないのですが、キャバクラ派遣の場合は特に1店舗で
給料をもらい続けるわけではなく複数の店舗でもらっているわけなのでどこか1店舗の給料が
仮にバレたところでその他がバレなければ年間所得38万円を超えているわけではないので大丈夫です。

 

ですのでキャバクラ派遣をする際に確定申告のことはまず気にしなくてもいいでしょう。
在籍として働く場合は可能性としては低いですが、住民税を始めとした税金の徴収が来ることはあります。

 

ただあくまでも本来は払わなければいけないものなのでそれはどうすることもできませんが、
キャバクラ嬢は確定申告の際にわりと色々な経費が認められるので一応領収書は取っておいたほうがいいでしょう。

 

 

>>>キャバクラ派遣で損をしないために登録しておくべきオススメの派遣会社はこちら